たばことクラシック音楽

ヨーロッパにたばこがもたらされてまもなく、感受性豊かな詩人たちが自らの喫煙体験を謳いあげ、その詩に共感した作曲家たちが歌曲を誕生させた。オペラやバレエに絢爛たる彩りを添えた音楽家の群像を、17世紀から現代にわたって描き出す。
TASC双書6

〈目次〉
はじめに
第1章 17世紀のイギリス音楽から
第2章 バロック音楽の時代に
第3章 古典派音楽の時代に
第4章 ロマン派音楽の時代に
第5章 スペインとイギリスで
第6章 近代・現代音楽の時代に(その1)
第7章 近代・現代音楽の時代に(その2)
あとがき

著 者 :安藤 治(元・ジェイティソフト社長)
発行所 :山愛書院 発売所:星雲社
発行日 :2008年9月30日
判 型 :四六判 250頁
定 価 :本体1,905円+税
ISBN :978-4-434-12320-7
たばことクラシック音楽
Copyright© 2012 TASC All rights reserved.
close