• TASCについて
    • TASCの概要
    • 事業目的
    • 業務・財務等に関する資料
    • 個人情報の保護
  • 調査研究
  • 研究助成
    • 過去の研究助成一覧
  • 普及啓発
    • TASC MONTHLY
    • 談
    • たばこ史研究
    • TASCレポート
    • たばこ産業史資料
    • 関連出版物
    • その他
  • 博物館運営
  • TASC入会のご案内
  • お問合わせ

TASCレポート

研究者の論文、研究報告、講演記録、外部研究機関との研究成果交換等を内容として1996年から2003年まで年1回発行したものです。

◇ 「TASCレポート」一覧

・No.8 2003年3月
タイトル 執筆者
TASC研究の30年 大久保雅夫
内村 勉
稗田忠治
鵜沢悦子
松木修平
価値観等が嗜好品に対する態度・行動に及ぼす影響について 九十九淳二
大久保雅夫
喫煙と迷惑と共存の関係 大久保雅夫
・No.7 2001年11月
タイトル 執筆者
禁煙者と喫煙再開者に関する研究 鵜沢悦子
嗜好品に関する意識の日米比較調査(2) 松木修平
喫煙と迷惑の関係 大久保雅夫
日記に見る太平洋戦争中のたばこ 並木芳雄
・No.6 2000年11月
タイトル 執筆者
嗜好品に関する意識の日米比較調査 松木修平
現代の健康観と問題点 小野高弘
喫煙者の健康観 稗田忠治
仕事中の一服に関するノート 下田充生
街中のベンチーその使われ方からみたリフレッシュ行動 西田英一
明治から太平洋戦争前までの雑誌にみるたばこの効用表現 並木芳雄
・No.5 2000年3月
タイトル 執筆者
現代の健康観2 上杉正幸
行動パターンの分類について
ーストレス解消パターンの解析計画ー
穐山貞登
小野高弘
オフィスにおけるリフレッシュメントの研究 佐藤 真
西田英一
下田充生
コミュニケーションと嗜好品 青木芳夫
・No.4 1999年3月
タイトル 執筆者
平成不況下、購買不振の因果分析 柳原良造
「嗜好」語誌続考 山下哲朗
ストレス対処行動としての喫煙の作用 小野高弘
稗田忠治
鵜澤悦子
楡木 祐
戦後の雑誌にみるたばこの効用表現 並木芳雄
・No.3 1998年3月
タイトル 執筆者
たばこ文化を考えるためのサブノート
ー日本におけるたばこ文化の変容と現在ー
半田昌之
生活生態学からのアプローチ 佐藤 真
西田英一
下田充生
寺内美知子
現代の健康観 上杉正幸
・No.2 1997年3月
タイトル 執筆者
先スペイン期の新世界におけるタバコ 上野堅実
「嗜好」語誌覚書 山下哲朗
ブランド研究序説ー「意味」への闘争から誘惑へ 西田英一
葉巻の手引き 渡辺尚人
・No.1 1996年3月
タイトル 執筆者
ヴァージニアのタバコ産業と奴隷制社会 樋口映美
若者にみる香りの利用動機に関する研究 児玉好信
商品およびサービスに対する意識構造と嗜好 下田充生
川柳からみた「たばこ」と「酒」「茶」 松浦いね
近現代の「喫煙」の短歌 西川芳生
  • 嗜好品文化研究所
  • 雑誌「談」編集長によるBlog
  • たばこと塩の博物館